スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番!銚子センチュリーラン

いよいよこの日がやってきました。
「銚子センチュリーラン2010」です。
20100718-2.jpg

気温はかなり高くなりそうです。ハードな160kmになるでしょう。

さて、このイベント。スタート地点の「ふれあいプラザ」は自宅から数百メートルの所にあります。ってことは、ゴールしてウチ帰って、一番乗りでBlogをアップできる。と目論んでいました。最初は…。
20100718-3.jpg

スタート前に初チームジャージで無邪気にみんなで記念写真。
20100718-4.jpg

同じKEBEL乗りのmmさんとも念願のツーショット。
20100718-1.jpg

そして、ヤマグチ。さんにご挨拶。
他のお知り合いの方々も探したのですが、いざ自分が参加するとなると、なかなか見つける時間がない。

あっという間にスタート時間に。
そこでnebanebaさんを発見。皆の見送りにいらしてたんですね。

走り出して間もなくのファミリーマートで、今回参加できなかったメンバーとおちあい、またまた記念撮影。

CP1の「道の駅 オライはすぬま」までは数十台の団子状態で走ることになってしまう。
20100718-5.jpg

その後海沿いの道を快調に走っていると、足に軽い痙攣が。
それでも、銚子手前のアップダウンも問題なく走り、CP2の「君ヶ浜しおさい公園」に到着。
20100718-6.jpg
今回一緒に走ったもう一つのチームと記念写真。

水分、カロリー補給を終えて、次のCPへ向かいました。
途中、海岸沿いでnebanebaさんとすれ違った。
そして、足に違和感を持ちながらペダルを回していると、95km地点で遂に足が攣りましたー!

トレインから離脱して、ストレッチをしながらしばし休息。
その後、走り出すものの数km走るとすぐにまた足が攣り、その度に止まらざるを得ない。

利根川沿いのサイクリングロード手前でチームメンバーの一人が待っていてくれた。
足攣りに効く飲み薬をもらって、走り出すと何故かここでも走者を励ますnebanebaさんとすれ違った。

そしてなんとかCP3の「さわら」に到着。

ここではヤマグチ。さんと再会した。
そしてBlogを見て下さっているKHARMA乗りの方に声をかけて頂いた。
こんなBlogですが、読んでいてくれる方がいらっしゃるのだと実感する瞬間です。とても励みになります。
ありがとうございました。

18:00までにゴールすることを目標に休憩をとり、メンバーには先にいってもらうことに。
しかし、この後も足の攣りは酷くなる一方。走っては止まり激痛を堪え、そして次々と抜き去られていく。
もう、写真なんて撮っている余裕はまったくない。

残り25km地点でとうとう最後尾になってしまったようです。
CCAの方々に、塩分とかいろいろ手当してもらい、「リタイヤ」半分「完走したい」半分の自分でしたが、「ここまで来たんだから走りましょう!」と背中を押され、また走り出す。いや、背中を押してもらって走ったんじゃないですよ(笑)。

最後の最後まで足を攣ったまま、でもお二人のスタッフに併走していただき18:30の制限時間外にゴールイン。
まさかの一番ビリ!!
スタッフの方々もゴールのゲートを残しておいて下さって、皆さんの拍手に出迎えられ恥ずかしいやら嬉しいやら。
まさか最後の走者がワタシとは思ってはいなかった妻とムスメもいて、ムスメが(何故か)折り鶴のプレゼントを用意してくれていました。

仲間と走り、新しい出会いがあり、親切なスタッフに助けられ、とても有意義でいい経験をさせてもらいました。来年もこのイベントで走りたいと思います。

自転車に乗って足が攣ったのは自分自身初めてのこと。今日一日で、今までの人生で足が攣った回数をはるかに上回る数に見舞われた。自分でもビックリするくらいダメダメでした。
しかし、体調管理を含めてのイベント参加ですから、次回の反省点として活かしたいと思います。

月曜日から、またバンコク出張です。
こんなスネ毛のないツルツルの足で、タイにいっても大丈夫だろうか…。あちら系の人に間違えられなければいいのですが。

走行距離  168km


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

チームジャージが届いた!

銚子センチュリー直前に荷物が届きました。
20100716-1.jpg

そうです。チームジャージです。
売るほど(?)あります。
20100716-2.jpg

デビューは明日の本番で。明日は暑くなりそうですね。


テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

成田祇園祭

週末の三日間、成田市で祇園祭が開催されました。
成田山周辺の10町それぞれ10台の豪快な山車がいたるところを練り歩く壮大なお祭りです。

7月9日、金曜日
Gion2010-7.jpg

ムスメの小学校では、毎年2年生が地域行事参加の一環として山車を牽かせてもらっています。そして父兄は子ども達が安全に山車を牽けるように付き添いをします。
成田山横の拠点から数百メートル進んだところで山車を一気にUターンさせ、再び成田山前にもどってきました。ビデオも写真も撮ったし、「あー楽しかった」。解散かな、と思いきや参道を登っていくという。「げっ、まじですか」。

成田山へ行ったことがある方はご存じかと思いますが、成田山から駅へ向かう参道には激坂があります。
Gion2010-8.jpg

山車は動き出したけど、案の定少し登ったところで止まってしまいました。そりゃそうです、いくら威勢のいい若い衆がいたって残りは小学2年生ですから。
こりゃビデオなんか回していたらひんしゅくものだ。ということでワタシも人足となる。

途中、何度か坂の途中で失速する。息を整え、若頭の檄とかけ声で一気に皆でチカラを入れて坂を牽いた。すると、あの重い山車がすごいスピードで坂を上がっていく。迫力と共に感動ものです。

成田山本堂手前まで牽かせてもらって、子ども達は学校に戻りました。

しっかし、汗びっしょりです!ヒルクライム並の心拍数です!
付き添いのつもりなので普段着で来てしまったもんだから、なお酷い状況になってしまった。

昼からはこんなのもあるんで、祭以外の人も集まってきたりします。
Gion2010-1.jpg

学校を終えたムスメは、夕方から再び祭に参加しました。
Gion2010-6.jpg

今度は山車を牽くのではなく、お化粧して独特のカラフルな衣装を着た、手古舞(てこまい)と呼ばれるシャンシャンと音を鳴らしながら山車を先導する役です。
この手古舞さんは、小学生の女の子だけがやることができます。
山車と一緒に移動するということは、3日間、朝から晩までほとんど出づっぱりです。
でも手古舞さんには、常に面倒を見てくれる大人たちがピッタリ付いていてくれます。
子ども達の世話や、炎天下の混み合う参道においては、子ども達の安全と体調を見ていてくれる頼りになる方々なのです。なので、ワタシは出番無し。ムスメの「追っかけ」に徹しました。

7月10日、11日
金曜日の反省をもとに、土曜と日曜はカステリのサイクルジャージで「追っかけ」をしました。夏祭りにはサイクリング時同様にジャージが機能的です。ドライだし、ボトルやタオルを背中のポケットに入れておけるんですから。

サイクリングとお祭りの両方に使えるような、「はっぴ」を元にデザインしたジャージでも作ってみようかな。

この3日間は小さい手古舞さん達にとっては過酷な時間であっただろうけど、子ども達は最後まで立派に役を務めました。
ムスメはもちろんですが、ワタシもいい経験させてもらいました。
Gion2010-9.jpg

大役を果たした後は思いっきり出店で楽しんだ手古舞さんたちでした。

【追記】
まぁ、そんなこんなで、銚子センチュリーを目前にして自転車に乗る時間が作れません。とBlogで言い訳をしておこう…。
ムスメの追っかけで、サイクリングより体重が減ったのがちょっと納得いかない。いつも追い込みが足りないって事かな?


テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

一時帰国?

約10日間のバンコク出張から帰ってきました。
今回も夜のお仕事、疲れました。
201007BKK-1.jpg

でも、ホテルに帰ってからはタイ料理三昧。ワタシはこんなにタイ料理好きだったっけ?と思うほど、今回もたらふく食べてしまいました。
銚子センチュリーを直前に控えて、自転車には乗れないし、食べ物はおいしいしというあまりよろしくない環境でありました。

ホテルでツール・ド・フランスを見ることができた。
201007BKK-2.jpg

そして今回は初めて、バンコク郊外でロードが集団で走っていたのを目撃しました。お国柄かトレインがぐちゃぐちゃ乱れていたけど、どこの国でもはやっているんですねぇ。

オメガはこう書くんですねー。「欧米か!」としか読めなかった。
201007BKK-3.jpg

銚子センチュリー直後にまたバンコクへ行く予定です。


テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。