スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船橋でお買い物

せっかくいい天気なのに、体がだるーい。
ジャージに着替え、走ろうかどうか迷うこと30分。意を決してVAAMを注入し、いざ出発!

どうせ走るなら自転車ショップで買い物でもしようかな。ということで船橋方面へ。

普段、暇を見つけては自分で設定したルートをGPSマップに取り込んでいます。そのうちの一つである船橋までのルートを呼び出します。

いざ走ると少しづつ元気が出てきました。あっという間に船橋に到着。

買い物はというと、地味な小物を2点。

バルブキャップ。
キャップなんてなんでもいいやと思っていて、ずーとプラスチックのキャップのままでしたが、とうとう割れてしまったので。

525円也、高!なんでこんな値段なんだろ?
いろんな色があるけど、結局無難な黒。なんか100円ショップで売ってそう。(さすがにフレンチバルブ用はないか)
20100929-1.jpg

SIDIのシューズも2年近く使い、だいぶ年季が入ってきた。ベルクロもへたってきたし、限界かもしれない。
ヒールもすり減ってしまったのでコレを買ってRenewal!
20100929-2.jpg

こんな1,000円ちょっとの小物を買うのにガソリン代を使っちゃいけませんね。自転車が一番!

船橋までの主要道は全体的に道が狭く、大型車の交通量も多いので、ATLAS ASG-CM11に予め交通量の少なそうな道を選んでルート設定しておきました。まずまず安心して走ることができました。

20100929-3.jpg



走行距離 87km


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

アゲハの羽化

午前中に印旛沼を走りました。さほど暑くもなく、風も気持ちいいので少し長めに走ろうとしたけれど、15kmくらい走ったところでクラクラしてきました。
十分休息をとったつもりだったけど、このところ仕事で徹夜が続いていたせいかもしれません。

午後は用事もあるから、無理せずそのまま折り返すことにしました。
それでも自転車乗りとしては、このお日様の下ただで帰るわけにはいかないので、果敢にもこの激坂を登ってきました。
20100919-01.jpg

そうそう、タイトルにもあるとおり、玄関で保護してあったアゲハの蛹が今日めでたく羽化しました。
出てくる瞬間はみれなかったけど、こんなことでも家族で大喜び。

20100919-03.jpg

世の中、暗い出来事ばかりですからねぇ。こういうことでも素直に感動しちゃいます。

そしてアゲハは元気に羽ばたいていきました。






ところで、さっきの激坂。こんなところですが、なにか?
20100919-02.jpg

距離20mもないかな。
っていうか、標識立てなきゃいけないの?

走行距離  32km


テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

生物の神秘

蛾の幼虫はイヤだけど、アゲハの幼虫なら全然オッケー。(差別だー!)

庭のフェンネルにはキアゲハの幼虫がつきます。そもそもフェンネルを植えたのはそれを期待してのこと。
たくさん幼虫が付いたけど、ある程度大きくなると何故かいなくなってしまう。

どこかでサナギになっているのか?それとも鳥に食べられてしまったのか?分からなかったけど、先日カマキリが食べているのを目撃!ま、これも自然の摂理ですね。

でも、さすがに毎回それもどうかと思い、妻が一匹保護しました。
その幼虫が先ほどめでたく蛹化しました。

ムスメと一緒に蛹化の瞬間を見ましたが、不思議ですねぇ。神秘的とも言えます。

20100909-1.jpg

さぁ、羽化が楽しみです。

風が弱くなった夕方に少し走りました。
爽快です。酸素が濃いです。疲れません。汗かきません。

走行距離  20km



テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

恵みの雨

朝からポツポツと雨が降り始め、昼前には激しく叩き付けるような雨になりました。

自転車に乗れないのにちょっと嬉しいのは、なんてったってホントーに久しぶりの恵みの雨だから。
今年の夏は、砂漠に住む人の気持ちが少しわかったかも。
庭の木々の多くはすでに弱っちゃっているけど、きっとこの雨に喜んでいることでしょう。

20100908-1.jpg

でも各地で水害が出ているようなので、そこは困ってしまいますけどね。
ここ千葉は今夜がピークだそうですが、もう台風の勢力はほぼ治まっているようです。



テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

秋はもうすぐそこ

ワタシの住んでいる栄町は千葉国体のサイクリング開催地です。
サイクリングといっても自転車競技ではなく、ほのぼのとしたポタリングイベントを開催するようです。
20100903-1.jpg

暑い暑いとぼやきながらも、秋は確実に近づいてきているようです。
依然として34℃位はあるものの、8月のように走っても熱風しかこないのとは、少し空気が違うような気がします。
20100903-3.jpg

印旛沼をいつもよりの~んびりとしたスピードで流していると、とーっても気持ちがよい。
空にも秋の気配が。
20100903-4.jpg

印西市方面へ走り、再び撮り鉄モード。
20100903-5.jpg
スカイアクセス。

走行距離  26km


テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

涼を求めて…渡良瀬川

久々に知らないところを走ってみたい。どこに行っても暑いけど、山に登れば少しは涼しいだろう。

ということで、栃木、群馬方面を走ってきました。
20100901-11.jpg

頑張って早起きして車で移動。朝8時に栃木県佐野市の「道の駅 どまんなか たぬま」に到着。
ありゃ、テールライト忘れた。確か道中トンネルがあったのだけど大丈夫かな。

佐野>足利>桐生と、しばらく街中を走り、渡良瀬川沿いに「東国文化歴史街道」登っていきます。川とわたらせ渓谷鐵道が平行して走るいい道です。

適度な坂を登っては少し下り、を繰り返しながら徐々に標高を稼いでいく道なので、坂嫌いのワタシでも快適です。また、この街道には道の駅が2カ所あるので、補給の心配もいりません。
20100901-10.jpg

一方、わたらせ渓谷鐵道も趣のある車輌でいいですね。
20100901-3.jpg
桐生と日光市の間藤を結んでいます。

いつから撮り鉄になったんだ?
20100901-2.jpg

道の駅がある草木湖で小休止。ここから先は山の奥に入るので、水分を十分に確保。
20100901-7.jpg

そして草木湖の先でとうとうトンネルに遭遇。
テールライトがないので、狭い歩道を押してしばらく歩くが、水浸しで滑って歩きづらいし、真っ暗で足元もよくみえない。
車が来ないタイミングを見計らって一気に走って抜けた方がよさそうだ。と思い走り出すなり、ゴーーーーーという怪しい音が聞こえてきた。
振り向くと、照明のほとんどないこのトンネルを無灯火のトラックが、しかも猛スピードで後から迫ってきました。
自分の存在に気づかせるために、急いで照明のあるところまで走り、バイクを降りて歩道に避難!
と、その直後に暴走トラックは少しもよけるとなく、すれすれのところを走り去っていきました。
暴走野郎は最後までワタシの存在に気づかなかったのではないだろうか。テールライトを点けていてもどうだったことか。ここじゃぁ、ひき逃げされても目撃者なしですよ。このときばかりは命の危険を感じました。
あんな奴には絶対に殺されたくない。

二つ目のトンネルも同じくらい長いので、今度はずーっと歩道を歩こうと思っていたら、地元の人がトンネル脇の道を歩いてきた。聞くと反対側まで通っているというので、その木の生い茂る遊歩道のようなところをなんとか押して歩きました。

時間があれば銅山観光をしたいところですが、足尾町からそのまま粕尾峠に入ります。
さすがにここからはヒルクライムらしくなり、きつくなります。かといって激坂ではないので、ヒーコラ言いながらもなんとかゆっくり登っていきます。
でも、やはり汗はボタボタとフレームに落ちています。

粕尾峠。標高1100m
20100901-6.jpg
展望台のようなものはないのだろうか?苦労して登った割には、全く下界の景色が見えない。そそくさと帰路へ。

さあここからはペダルいらず。栃木市側へ一気に下ります。飽きるほど下ります。
栃木市側から登ると粕尾峠はきつそうですねぇ。

そして、やっと街へ出られたかと思ったら、とどめに2度ほど再び登らされました。
ここの方が肉体的にも精神的にも応えました。
しかも悪いことに坂の途中が工事で一部片側通行。下りの車列が冷ややかな目でトロトロと登ってくるワタシを待っている。
「そんなに速く登れましぇんから!」

てなワケで本日の獲得標高 1700m。
20100901-1.jpg

道も市街地以外は走りやすかったです。ただ、残念ながら涼はとれませんでした。
そりゃあヒルクライムじゃ無理ですね。
20100901-5.jpg


走行距離  140km



テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。