スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末はドライブ

この1週間、サンフランシスコはずぅーっと雨でした。
最後の週末も生憎の雨。でもちょっとは出歩きたい。

と言うわけで、レンタカーで南下して小さな港町、モントレーへ。

6時出発、まだ真っ暗です。月は見えているので今日は晴れてくれるかな。と淡い期待をいだきながら、フリーウェイをカッ飛ばします。
明るくなってくると、美しい大陸的な景色に目を奪われます。

約100マイル。2時間程度でモントレーに到着です。

やっぱり雨でした…。


まぁ雨の港町も悪くない。と負け惜しみを言いながら散策。
晴れていれば海岸線のドライブもさぞかし気持ち良かったろうに。
自然を楽しむドライブコースがあるのですが、残念ながら断念。

しかし、そんな中たくさんのローディーを見かけたのにはビックリ。彼らには「雨だから走るの止めとこ」という観念はないのだろうか。

観光もほどほどに帰路につきます。
途中、サンノゼに寄り道。いや、寄り道って言うかまたまた自転車屋さん巡り。

Trek Store


Redwood cityのChain Reaction Bicycle


特に欲しいものはなかったけど、小物を買いました。


MAMBAに合わせてマットブラックのプラスチック製の安いボトルケージ。
どうせなら2個欲しかったんだけど、1つしかなかった。
ま、帰ったら買い足そう。

サンノゼ界隈はご存知シリコンバレーと呼ばれています。
こちらの本社ももちろんあります。


今回はナビは無し、まともな地図も無しのドライブだったけど、Googleストリートビューで下調べしておいたので、街中でも雰囲気で目的地に辿り着けました。
便利だねー。

おまけ。


サンフランシスコのお巡りさんの愛車。



スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

自転車屋さん探訪

さてワタシとて、なにも、電車のってシーフード食べて観光だけしていたわけではありません。
ちゃーんと(?)自転車関連のリサーチもやってきましたよ。

ユニオンスクエア前のリーバイスショップで思いっきりきになるディスプレイが。


自転車通勤を想定した新ラインアップのようです。
店員の「先週入荷したばかりだよ」というセールストークにやられ、つい買ってしまいました。
日本でも展開するようです。


見た目は全然普段着です。これなら自転車に乗らないときでも使えますし、機能的なだけに重宝するかも。
もちろん生地は伸縮性が高くドライに保つものを使用しており、さらに抗菌加工と撥水加工がされています。

パンツは裾を折り返すとリフレクターになっています。
ベルトのところにはLockをぶら下げることを想定したバンドがついています。

またブルゾンはジャージばりのバックポケットが3つ。もちろん背中の布は長めに裁断してあります。
さらに肩の付近はベンチレーションになっていますし、不意の雨に備えてフードも収納されています。
こちらも腰の辺りの布をひっくり返せばリフレクターが。


ありそうでなかった服ではないでしょうか。

さらにテクテク歩いて、




2軒ほどショップを見てみました。
バイクは圧倒的な品揃え。ウェアも沢山揃えているけど、パーツ類は一通りあるものの品揃えは大したことなかった。
たまたまなのか分かりませんが、みんなどこで買っているのかなぁ?ネットかな?

時間があれば今度別のお店にも行ってみよう。

結局買ったのはMAMBA用のグリップだけ。





テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

市内観光

土日はお休みです。
ホテルは空港の近くで何もないので、今日はダウンタウンへ行きます。
まずは空港からBARTに乗って。


さすがです。


電車もバスもフツーに自転車をそのまま載せられます。
輪行袋いらずです。

ユニオンスクエア付近の駅で電車を降りて、お約束のフィッシャーマンズワ-フへ向かいます。


普通であれば名物のケーブルカーに乗っていくところですが、ここは市民の足であるバスを使います。


トロリーバスですね。
乗車運賃は2ドルとお安く、使いこなせば市内のどこへでも行けますが、安いだけにちょっとヤバそうな人も乗ってくるので要注意。

市内、特に風光明媚な場所ではサイクリングを楽しんでいる人がたくさんいます。
本格的なバイクに乗っている人はさすがに電車ではなく、車に積んで移動しているようです。
またレンタルもいたる所にあって充実しています。
でも乗りません。だって、どうせなら自分の自転車で走りたいんだもん。

お目当てのブエナビスタ カフェで朝食をと思ったけれど、既に満席状態。
仕方なしに朝からシーフードをいただく。


その後のーんびりと散策。


サンフランシスコには何度も来ていますが、こんなにゆっくり散策をしたことってなかったなぁ。

都心部でもやはり自転車レーンは設定されています。


これですよ!やはりスゴい!
郊外では一番外側にあった自転車レーンですが、都市部では駐車レーンの内側にあります。
これなら自転車レーンが路上駐車で塞がれることはありません。
日本のそれと発想が違うのもおもしろい。

国土が広いから出来ることかもしれませんが、日本でももっと整備と教育をすれば十分可能だと思うんですがねー。

さて、帰りはオール2階建て車両のCaltrainを使いました。


もちろん自転車を載せられる専用車両があります。


なーんか、自転車環境が整っているというか、市民権を得ているというか、羨ましいです。

あーそれにしても疲れました。
いったい何キロ歩いたんだろうか。




テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

San Francisco

お気に入りのカバンはRimowa。
軽くておしゃれなポリカーボネイトの製品ができたおかげで、今や空港では猫も杓子もリモワって感じですが、もともとは無骨なジュラルミン製です。

これは昨年末に買った、自身3つ目のリモワ。

いま仕事でひとり、サンフランシスコに来ています。

もともと年間を通じて過ごしやすい気候のサンフランシスコですが、今も昼間は暖かくて気持ちがいいです。
到着後、早速向かったのはホテルの近くの自転車屋さん。
日曜日とあってか、賑わっておりましたよ。


先日買ったMAMBA ももちろんお安く売っております…。


気候はいいし、環境もいいし、バイク天国ですな。


出張長いし、一台買っちゃおうかなぁ。



テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。