FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マット塗装の手入れ

それにしても29erはデカい。車(ミニバン)に積むときも、タイヤを外さない状態だとギリギリなんとか収まるかんじです。
20120226-1.jpg

さて、KEBELとは対照的に渋くてワイルドなMAMBAのマット塗装ですが、イメージに反してとても手入れが難しい塗装です。
20120226-2.jpg

まず、つや消しを保とうとすれば普通のワックスはかけられません。ならば洗って乾拭きするしかないのですが、擦りすぎたりするとテカってマットの風合いが損なわれてします。
じゃあ、汚れが目立たないかというと、そうでもなく。
汚れが落としやすいかというと、むしろ落ちにくい…。

マット塗装はよく高級車などにも使われるので、ランボルギーニ指定のマット塗装専用超高級ワックスなんていうのもありますが、ン万円もします。

まぁ、MTBだから塗装なんて気にせず傷だらけになって本望なのでしょうが、今後の手入れを考えると多少のマット感は損なわれても、バリアスコートでもしておいたほうが無難かもしれないです…。

MTBはやっぱ自然の中が似合うねぇ。
20120226-3.jpg

(注: ここは房総のむらの古墳群ですので走ってはいけません)


走行距離  17km



スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。