FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(新)銚子センチュリーライド2012

銚子センチュリーライドの日。

予報では天気は期待できないけれど、長距離走行なので早く寝なきゃ。と床に入ったものの、すでに23時過ぎ。
ところが、2時過ぎに目が覚めてしまった。なんとなく弱い雨の音が聞こえるけど、外を見て確認する気力はない。

その後もなかなか寝付けず、何故か今日の天気のことばかり考えている。

5時に起床。
外を見ると、一面に暗い雨雲が。しかし、残念ながら(?)雨は降っていない。
これではDNSの理由はないので、そそくさと支度をして受付時間ぎりぎりに会場へ。
20120603-1.jpg

ヒト少な!明らかに参加者が少ない。
(約350名のうち出走は約250名、DNSが100名弱だったそうです)

そういうワタシもDNF感いっぱいで、雨が降ったら即引き返して、ムスメのフラダンスの発表会があるので、そちらに行こうと思っていました。
なので、格好も半袖ジャージにレーパンのみ。雨具の準備もなし。
でも、こんな軽装の参加者はいなかったし、さすがに肌寒い。

開会式が終わって、スタートまでの時間に一旦帰宅し、長袖のコンプレッションを1枚着込んで、最終グループに入ってスタート。

いつ雨が降り出すかとびくびくしながら走るのは、精神衛生上よろしくない。
ところが、CP1の「道の駅 オライはすぬま」に近づくにつれて薄ら日が差すことも。
20120603-2.jpg

トイレと補給を終え、次のCP2犬吠埼へ。

海沿いの平坦路をひた走ったあとは、岬に向かってアップダウンが続くことになる。
雲行きが徐々に怪しくなってきたけれど、ここまで来たら止めるも走り続けるのも一緒。

登りが始まって間もなく、目前を走っている方がシフトチェンジをしたとたん、ガリガリガリッと音とともに急停止。
チェーン外れですか?いやリヤディレイラが丸ごと外れてスポークに噛んでいる。
ハンガーのボルトが緩んで外れてしまったのかな?とよくよく見てみると、ハンガーが折れてしまったようだ。
これでは直すこともできないので大会本部に連絡するとのことだったので、先に進ませてもらうことに。

CP2まであと10kmというところで、とうとう土砂降りの雨になってしまった。
ついにきやがったか。しかもこの半分走り切ったところで。最悪のタイミングだ!
でも、雨具も雨宿りする場所もないので、ここは迷いなく走り続ける。
道には畑からの泥が散らばっているため、泥水を撥ね上げながらの走行。

しかも、ここで軽い脚攣りの兆候が。
え?まだ70kmくらいしか走っていないのに…。2年前の悪夢が頭をよぎるが幸いすぐに治まった。

CP2「地球の丸く見える丘」は「何も見えない丘」と化していた。
20120603-3.jpg

ここにスイカがあったはずなのだけれども、食いそびれたことが悔やまれる。
20120603-4.jpg

さて折り返しに突入。
銚子港付近はモヤで視界不良。
20120603-5.jpg

CP3に近づくにつれて曇りどころか晴れてきた。ナイス天気予報!
弱い追い風も手伝って、快走快走!チョー気持ちいぃー。

CP3「あじさい公園」。(写真撮り忘れー)
小休止してすぐに出発。すでに130km走っているので、ここからゴールまでは30kmちょいしかない。

多古の激坂を上りきったところで、nebanebaさんにお会いすることができた。
どこのCPでもお見かけしなかったので、てっきりDNSされたのかと思っていたけど、要するに常に先行していたということでした。

ゴールで会いしましょうと、お互いのペースで走り続ける。

15:30過ぎにゴール。
朝のスタート時の写真とは違い、爽やかな青空だ。
20120603-6.jpg

死闘(?)を終えたKEBEL号。
20120603-7.jpg

写真が小さくてわかりませんが、ドロドロです。

貧脚ゆえに、ところどころ軽度の脚攣りがあったけど、ペダルを回し続けることはできたし、睡眠不足の影響もなかった。基本的に快適に走れた今回の銚子でした。これも走りやすい気候のおかげだと思います。
ちょっと雨に凹んだけど、時折受ける道端からの声援にも励まされ、終わってみればとてもいいイベントでした。
スタッフの皆さんありがとうございました。来年も6月開催を希望しまーす。

程なくしてnebanebaさんもゴール。しばし談笑後、お互い家路についた。またの再会を楽しみにしております。

夕方は父の誕生日会を開き、ビールをガンガン飲んでバタンキュ~。


走行距離 165km


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

コメント

No title

KEBEL様お疲れ様
実は私もDNS決め込んで出かけましたので
補給食は微微、コマ図持たずの無防備ライドでした。
おまけに私は膝サポーター必要なのに忘れで在宅のまま

でも、なんとか完走できたことに感謝
KEBEL様がゴールで待っていたくれたことには最大に感謝のライドでしたよ。

Re: No title

nebanebaさん、お疲れ様でした。
あのスタート時の天気では、100名近くのDNSも無理はないですねー。
ワタシも最後の最後までスタートすべきか悩んでおりました。

とても疲れましたが、自身にとって地獄だった2年前の銚子センチュリーに比べると、最後までサイクリングを楽しめたのがよかったです。

膝の具合は大丈夫ですか?
またいつか、お会いできることを楽しみにしております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。